タグ:こころ ( 34 ) タグの人気記事

ぎぶみー もあ 木曜日

凹んだり、
恥ずかしかったり、
迷惑かけたり、
だけど、胸がきゅんとなるよな充実感をもらったり。

やっぱり師走だ。

気温が低いのか、
寒気がしてるのかがわからない。

だけど今夜は「コトー先生」の日だから大丈夫。
だいじょぶだいじょぶ。
[PR]
by maylee127 | 2006-12-07 22:06

『ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ』

ああ、観たい、と思いながら観そびれている映画のなんて多いこと。

日本での舞台では二代目ヘドヴィグが発表になり話題を呼んでいる今になって、
やっと映画版を観たです。深夜のケーブルTVで。
b0009316_233186.jpg

『ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ』

もっと、もの悲しいお話なのかと勝手に描いていたイメージとは全然違いました。
なんてPOPで逞しい命なんだろ。
絶望したっておかしくない人生なのに、絶対生きてくんだヘドヴィグは。
なんて魅力的なヒロイン、そしてヒーロー。
その魔力にぐいぐい惹きつけられた92分でした。

ヘドヴィグが追い続ける男トミーが(あたしの)タイプじゃないこととか、
少しばっかり意味不明のエピソードなんかどうでもいいくらいに
(これはオリジナルの舞台ヴァージョンと照らし合わせると解決するらしいです。)
音楽がかっこ良かった。
サントラ欲しいっ。

『クライング・ゲーム』『オール・アバウト・マイマザー』が好きな人は、
きっと好きなんじゃないかなぁ。
ま、私の好みなんだけど。

自分がつまんなく思えたときに観ると、きっと元氣になれると思う。
悩み多き子供たち、こういう映画を観なさいよ。
R指定なんてあてになんないのよ。
生きてるってすごいことなのよ。
そんな一本でした。
[PR]
by maylee127 | 2006-11-27 01:16 | movie&おうちmovie&drama

『しるし』

麗しの氣志團ちゃん以外のアーティストで、
そのCDの発売日を心待ちにしたのは、
本当に久しぶりなことだった。

どうして今年はこんなにココロの奥まで届いてしまう楽曲に出会えるんだろ。

私が目をつぶって過ごしてきた数年間を、
それが正しいことだと決めようと過ごしてきた数年間を、
そんな扉なんか簡単に開けてしまうかのように。

こんなことを書くと、すっ飛んできて私を叱る彼女には申し訳ないけど、
その人を想うと胸にぽっと明かりが灯るような、
この想いがとても愛しくて、そう簡単には変われない。忘れない。
誰かのせいにしてしまうのは本当に心苦しいけれど、
誰も救ってくれないし。
でもしょうがないし。私がこんなだから。

こうしてまたまた私の不器用は続くのだ。ぎゅー。

b0009316_025437.gif
Mr.Children  New single 『しるし』

[PR]
by maylee127 | 2006-11-16 00:49 | no music, no life

つぶやき

温泉に…行きてぇ~!

と、小声で、湯船で。
[PR]
by maylee127 | 2006-11-15 23:33 | 日々雑感

同じ空の下

先輩のお手伝いで、とある学祭に出掛けていました。
b0009316_22431598.jpg

和太鼓が轟く。
b0009316_22442843.jpg

黄色いコスモスが揺れる。

ああ、いいお天気。

見上げた空に、
b0009316_19535918.jpg

秋空の下を走り抜けているだろう仲間達を想ってた午後。
[PR]
by maylee127 | 2006-11-05 23:11 | myカメラ日記

ろっくんろーる うぃどー

ある人の親代わりのような方から、
「この人のことよろしく頼むわね」と言われた。

その方には託したい理由があることを知っていたからこそ、
答えあぐねた。
即効で「はい」と答えるのは、あまりに無責任じゃないかと思ったから。

お約束のようなしばしの沈黙。

いかん。実にいかん。
しかしながら、いかんともしがたい。

こうして私の不器用は続くのだ。ぎゅー。
[PR]
by maylee127 | 2006-11-05 22:25

to Ms.K

私信。
b0009316_1940597.jpg

あの日あなたが「気に入った!」と言った木のそばを通ったよ。

しばらくごぶさたしとるけんど、また一緒にこの辺り歩こな。ほなな。
[PR]
by maylee127 | 2006-11-03 19:42 | myカメラ日記

手首に住む怪獣

私の左手首には怪獣が住んでいます。
その名はガングリオン。
(注:検索するとコワいのんが出てきますので弱い方はお止しになってね。)
(私的状況としては、手首の甲の部分に謎のくるぶしが存在するような見栄えです。)
一度プルガサリと戦わせてみたいくらい強そうな名前です。
変身!の掛け声にもなりそうです。

More
[PR]
by maylee127 | 2006-11-02 01:40 | no music, no life

『今日までそして明日から』

都合で録画しておいた『つま恋2006』をやっと観ました。

変わらないせっちゃんの歌声。
かぐや姫の楽曲を全部歌えてしまう私。

この人たちがいたから、
私はギターを手にしたんだった。

『落陽』で打ち上がった花火を見上げる拓ちゃん、
客席に拍手を送り深々と頭を垂れる拓ちゃん。

篠島の熱く長い夜とは違う拓郎。
けれど、大病を克服してそこにいてくれるだけで。

ステージにいた人たちも、
客席にいた人たちにも、
行けなかったけれどこうして分かちあおうとする人にも、
いろんなことがあってありすぎるほどで、
それでも時が流れて。

変わらないココロ、変われないココロも持ってるけれど、
こんな風に歳を重ねられるのなら、変わっていくのも悪くないかも。
長い間、変わりたくない、と呪文を唱えていたけれど、
ちょっとくらい、もしくはちょっとずつ、
変わってみてもいいのかもしれない。

拓郎篠島組で、かぐや姫復活横スタ組はそんなことを思ってたよ。


こどもたち。
私には何のちからもないけれど、
こんな夏の終わりを慈しんだ大人たちもいるんだ。
どうか自死を選ばないでくれ。


『今日までそして明日から』

作詞/作曲 吉田拓郎


わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかの力をかりて
時にはだれかにしがみついて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかをあざ笑って
時にはだれかにおびやかされて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかにうらぎられて
時にはだれかと手をとりあって
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしにはわたしの生き方がある
それはおそらく自分というものを
知るところから始まるものでしょう

けれど それにしたって
どこで どう変ってしまうか
そうです わからないまま生きてゆく
明日からの そんなわたしです

わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました

そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと


1971年(昭和46年)

[PR]
by maylee127 | 2006-11-02 01:13 | no music, no life

『遥かなる想い』

お仕事のハナシです。

週末に飛び込んできたBAD NEWS。
以前から家族ぐるみでお世話になっているお客様、
そのご家族が抱え込んだトラブル回避のために、
あーでもないこうーでもないと格闘してみたけれど、解決策は限られている。

私に一体何が出来るんだろう。他に方法はないものだろうか。
押し寄せてくる無力感。ここ数日かなり凹んでいた。

急遽打合せを設定し予定時刻より早く到着したものどうにも足取りが重い。
場合によっては気の重い提案をしなければならない。

b0009316_119294.jpg


助けて、大きなくぬぎの木。


ええい、こうなったら中って砕け…ては
困るのだ。
とにかく誠意をもってご相談を受けよう。








「出来得る限りのお手伝いをさせていただきますので…」としか言えない私に、
寡黙なご主人が「頼りにしてますから」とポツリ。
ハッとしてぐっときた。
時間をかけていただけた信頼の言葉だ。

氣を取り直して書面を確認し、時間をかけて、
膝を突き合わせて検討したところ、
幸い最悪の事態はまぬがれて、
当面の解決策を見い出すことが出来ました。
案ずるより産むが易しだったか。

帰り道、ひとつの言葉をかみしめていた。
お客様が下さったあのひと言が、きっと明日の力になる。

ああ、私はここにいていいんだ。
ここにいたいと願う場所にいていいんだ。やっと。
まだがんばれる。
無事に事が運んだことよりも、
それは、とてもとてもうれしいことでした。

帰り道の風景は、来た道とは少し違って見えました。
b0009316_1345437.jpg

[PR]
by maylee127 | 2006-11-01 23:19 | 日々雑感