to Ms.K

私信。
b0009316_1940597.jpg

あの日あなたが「気に入った!」と言った木のそばを通ったよ。

しばらくごぶさたしとるけんど、また一緒にこの辺り歩こな。ほなな。
[PR]
# by maylee127 | 2006-11-03 19:42 | myカメラ日記

手首に住む怪獣

私の左手首には怪獣が住んでいます。
その名はガングリオン。
(注:検索するとコワいのんが出てきますので弱い方はお止しになってね。)
(私的状況としては、手首の甲の部分に謎のくるぶしが存在するような見栄えです。)
一度プルガサリと戦わせてみたいくらい強そうな名前です。
変身!の掛け声にもなりそうです。

More
[PR]
# by maylee127 | 2006-11-02 01:40 | no music, no life

『今日までそして明日から』

都合で録画しておいた『つま恋2006』をやっと観ました。

変わらないせっちゃんの歌声。
かぐや姫の楽曲を全部歌えてしまう私。

この人たちがいたから、
私はギターを手にしたんだった。

『落陽』で打ち上がった花火を見上げる拓ちゃん、
客席に拍手を送り深々と頭を垂れる拓ちゃん。

篠島の熱く長い夜とは違う拓郎。
けれど、大病を克服してそこにいてくれるだけで。

ステージにいた人たちも、
客席にいた人たちにも、
行けなかったけれどこうして分かちあおうとする人にも、
いろんなことがあってありすぎるほどで、
それでも時が流れて。

変わらないココロ、変われないココロも持ってるけれど、
こんな風に歳を重ねられるのなら、変わっていくのも悪くないかも。
長い間、変わりたくない、と呪文を唱えていたけれど、
ちょっとくらい、もしくはちょっとずつ、
変わってみてもいいのかもしれない。

拓郎篠島組で、かぐや姫復活横スタ組はそんなことを思ってたよ。


こどもたち。
私には何のちからもないけれど、
こんな夏の終わりを慈しんだ大人たちもいるんだ。
どうか自死を選ばないでくれ。


『今日までそして明日から』

作詞/作曲 吉田拓郎


わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかの力をかりて
時にはだれかにしがみついて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかをあざ笑って
時にはだれかにおびやかされて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかにうらぎられて
時にはだれかと手をとりあって
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしにはわたしの生き方がある
それはおそらく自分というものを
知るところから始まるものでしょう

けれど それにしたって
どこで どう変ってしまうか
そうです わからないまま生きてゆく
明日からの そんなわたしです

わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました

そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと


1971年(昭和46年)

[PR]
# by maylee127 | 2006-11-02 01:13 | no music, no life

『遥かなる想い』

お仕事のハナシです。

週末に飛び込んできたBAD NEWS。
以前から家族ぐるみでお世話になっているお客様、
そのご家族が抱え込んだトラブル回避のために、
あーでもないこうーでもないと格闘してみたけれど、解決策は限られている。

私に一体何が出来るんだろう。他に方法はないものだろうか。
押し寄せてくる無力感。ここ数日かなり凹んでいた。

急遽打合せを設定し予定時刻より早く到着したものどうにも足取りが重い。
場合によっては気の重い提案をしなければならない。

b0009316_119294.jpg


助けて、大きなくぬぎの木。


ええい、こうなったら中って砕け…ては
困るのだ。
とにかく誠意をもってご相談を受けよう。








「出来得る限りのお手伝いをさせていただきますので…」としか言えない私に、
寡黙なご主人が「頼りにしてますから」とポツリ。
ハッとしてぐっときた。
時間をかけていただけた信頼の言葉だ。

氣を取り直して書面を確認し、時間をかけて、
膝を突き合わせて検討したところ、
幸い最悪の事態はまぬがれて、
当面の解決策を見い出すことが出来ました。
案ずるより産むが易しだったか。

帰り道、ひとつの言葉をかみしめていた。
お客様が下さったあのひと言が、きっと明日の力になる。

ああ、私はここにいていいんだ。
ここにいたいと願う場所にいていいんだ。やっと。
まだがんばれる。
無事に事が運んだことよりも、
それは、とてもとてもうれしいことでした。

帰り道の風景は、来た道とは少し違って見えました。
b0009316_1345437.jpg

[PR]
# by maylee127 | 2006-11-01 23:19 | 日々雑感

『青春の影』

Go straight!(まっすぐに行こう)
b0009316_2016018.jpg

sometimes it is long.(時々長い道だけど)
b0009316_20131986.jpg

but I wanna go straight.(まっすぐ歩いてみたいんもんだ)
b0009316_20133919.jpg

sometimes it is winding,(時々曲がりくねったりしてるけれど)
b0009316_20135944.jpg

but I wanna go straight.(やっぱりまっすぐ歩きたいな)
b0009316_20163396.jpg

'cause it leads to …(だって、それはね…)



※赤ペン先生。ご容赦よろしくお願いします^^;
[PR]
# by maylee127 | 2006-11-01 21:03 | myカメラ日記

渇望

午前と午後の仕事に空きを作って、
今日はたくさん写真を撮りました。

b0009316_20313418.jpg

潮の香りがしたけれど、
b0009316_20274831.jpg

意識してたのは空なんだ。
[PR]
# by maylee127 | 2006-11-01 20:29 | myカメラ日記

浅草の思ひ出 ~法事編 

過日の話。法事があって浅草へ行ってきました。

祖母の17回忌、祖父の3回忌。
ともに長生きしてくれたおかげか、法要も滞りなく終了。
住職のご法話に心静まるひととき。

慶事弔事に寄らず、私の親族が集う場では、実は子供たちが主役。
何年かに一度しか会えなくなったいとこ達。
すでにそれぞれの子供達が元氣のかたまりで、
かつての私達もこんなだったね、とひとしきり。

会食後、恒例で、蔵前から浅草寺まで一族行脚。

More
[PR]
# by maylee127 | 2006-11-01 08:00 | myカメラ日記

おばけかぼちゃの日

b0009316_2128272.jpg

Trick or treat.

つまり、

かまってくれなきゃぐれちゃうぞ

ということですね^^
[PR]
# by maylee127 | 2006-10-31 22:00 | myカメラ日記

マジック

たったひとつの言葉にとてつもない勇氣をもらったけれど、
たったひとつの言葉にめちゃめちゃ凹んだ日。

とは言わずに、

たったひとつの言葉にめちゃめちゃ凹んだけれど、
たったひとつの言葉にとてつもない勇氣をもらった日。

と言いたい。


だから言葉は呪なのだよ。
[PR]
# by maylee127 | 2006-10-31 02:03

棚から…

b0009316_21384012.jpg

日曜日にお仕事してたら棚から落ちてきました。
うそです。先輩がくれました。
しかも、ぼたもちではありません。

でもラッキーです。
しかもご利益ありそうです。
[PR]
# by maylee127 | 2006-10-29 22:25 | myカメラ日記